警察犬としても大活躍?!『ロットワイラー』とは?

ロットワイラーはたくまし勇敢な大型犬です。牛を倒すほどの力があることでも有名です。ヨーロッパやアメリカでは常に人気犬種です。今回は、ロットワイラーの性格や特徴の情報を集めてみました。 2018年07月24日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の種類犬のカテゴリ - 犬の種類

1.ロットワイラーの基本情報

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

ロットワイラーは平均体高が65cm前後、平均体重は50kgから60kgもある大型犬です。セントバーナードと同じくらいの超大型犬として登録されています。ロットワイラーの先祖犬は、ローマ軍が遠征の時に連れていた家畜の番犬がロットワイラーの前身と言われています。現在では世界中の警察犬として活躍している勇敢で賢い犬です。

2. ロットワイラーの特徴や性格について

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

ロットワイラーの原産国はドイツで、19世紀からその存在が確認されているほど古い歴史を持っています。猟犬や家畜の見張りなどをして、人間を助けながら、ずっと生活を共にしてきました。

ロットワイラーの性格は、勇敢で恐れ知らず。牛をも倒したと伝えられているほど、勇気のある力持ちの犬です。その反面、警戒心がとても強く、不審な物音や知らない動物・人間に敏感に反応するところがあります。その繊細さは体感温度にも現れています。ロットワイラーは、実は暑さに弱い犬種です。日本の暑い季節や湿気の多い時期には温度管理をしっかり行って常に快適な環境で過ごせるように飼い主は配慮してあげましょう。

運動量も多く必要で、毎日の長めの散歩やジョギングを行ってください。またできるだけ囲いのあるような安全な場所でトレーニングなどを取り入れた運動をさせるとストレスの解消になります。

しかし、ロットワイラーの性格は基本的に穏やかであり、小さな事では動揺したりせず落ち着いて行動します。ロットワイラーは飼い主にも従順な性格をしており、信頼できる主従関係が構築されると、とても献身的に尽くしてくれます。

3.ロットワイラーの歴史について

出典元:https://www.shutterstock.com/

1973年頃、ローマ軍がスイス侵略の際に南ドイツに入り、11世紀の頃には土着犬として定着しました。20世紀に入ると、牛追いのために使役をしていたロットワイラーも仕事をなくし小さな牧場で荷物を引くような仕事しか与えらえずやがて、絶滅の危機にも直面しました。

1899年ドイツ国内で初めてロットワイラーの保全への取り組みが開始され1901年にはようやく、スタンダードが定められました。1907年には計画的な育種のための活動が開始されました。

ロットワイラーの愛犬家たちが集い、犬種のスタンダードを公式化させることに成功した後はさらに、1921年ころからこのロットワイラーはさらに発展の日の目を見るようになります。1930年にはAKCの競技会に参加するまでになり、アメリカ国内
で2番目に人気の高い犬種になりました。

4. ロットワイラー・気を付けるべき病気について

ロットワイラーには、深刻な腫瘍疾患が挙げられます。つまり癌にかかりやすい犬種でもあるわけです。その中でもリンパ腫、骨肉腫、組織球肉腫は悪性度も高く、治療成績も上がらない過酷な病気ですが、たとえ小さなおできでも見逃さないようにしてください。

また足のケガも多いようです。ロットワイラーは前十字じん帯断絶が多い犬種でもあります。太ももとすねをつなぐ組織の中にある前十字じん帯が運動中に損傷することで発症します。発症してしまうと歩行に異常を来して歩けなくなる場合もあるほどです。

中年齢以上のロットワイラーに発症している理由は加齢によって足の組織にも退化が見られ過剰な運動が負荷をかけてしまい起きる症状と言えます。予防をするためには、若い頃から柔軟な体つくりをして年齢相応に運動をコントロールをすることです。それ以外には食事を大量に食べることで、胃が捻じれる胃捻転や内分泌疾患、皮膚病も起こりやすい犬種でもあります。

5. ロットワイラー・食べ物の注意点

ロットワイラーの健全な体つくりのためには動物性たんぱく質を多く接種できるようにして脂質やミネラル分をバランスよく摂取することが大切です。また足の健康を保つためいは、関節のケアを強化するためにグルコサミンやコンドロイチンが含まれるドッグフードをお勧めします。

オススメ

新着記事