犬におやつは必要?正しいおやつの量とタイミング

犬を飼っていると欠かせない犬のおやつ。愛犬との日常で何気なく与えている方も多いのではないでしょうか。しかし犬のおやつには、正しい量とタイミングがあります。それを間違えると、病気などの原因にもなり注意が必要です。今回は犬のおやつの必要性と、正しい量とタイミングをご紹介します。 2019年02月25日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬の食べ物犬のカテゴリ - 犬の食べ物
  • VIEW:3,147

犬にとっておやつは必要なの?

出典元:https://www.photo-ac.com

犬は栄養の整ったエサを与えれば、日常的におやつを与える必要はありません。欲しがるからとおやつを与えすぎることで、食生活が乱れ栄養が偏ったり、肥満やアレルギーなど、何らかの病気の原因になることもあります。基本的には栄養の整ったドックフードを与えていれば、おやつはあげる必要はないのです。

しかしその一方で、犬におやつを与えることは、飼い主とのコミュニケーションや信頼関係の構築においてとても有効な手段だと言えます。しつけのご褒美や飼い主とのコミュニケーションの手段として、犬におやつが必要な場合があるのも事実です。

そのことから犬のおやつは、目的に応じて適切な量を適切なタイミングであげるのが望ましいといえるでしょう。

正しいおやつの量とは?

出典元:https://www.photo-ac.com

おやつの量は犬種や体格、年齢や運動量など、生活環境によっても大きく変わってきます。まずは愛犬の1日の必要なカロリーはどのくらいなのかを把握しましょう。ドックフードの袋に記載されている場合もありますが、詳しく知るためには動物病院で効くのが良いでしょう。

1日の必要なカロリーを把握したら、エサとのバランスを見て、必要なカロリーを超えないようにしておやつの量を決めます。目安としては、1日に与えるおやつの量は全体の10~20%に抑えるようにしましょう。

例えば1日の摂取カロリーが500カロリーの場合は、おやつは50~100kcalにしてエサは400kcalにするなど、カロリー調整をしましょう。もしドッグフードをおやつにしているのであれば、1日の分量からおやつ用のドッグフードを取り分けて与えます。

おやつはちょっとしたご褒美やしつけのために与えるものであり、栄養補給はあくまでもドッグフードから与えることを忘れないようにしましょう。

おやつはエサとのバランスを見て、正しい量をあげることが肝心です。体に良いものでも、あげすぎていたのでは返って逆効果になってしまいます。またおやつをあげたからといって、エサを与えないというわけでもありません。エサとの栄養のバランスなども考え、正しい量を与えましょう。

正しいおやつのタイミングは?

出典元:https://www.photo-ac.com

次におやつを与えるときの正しいタイミングについてです。おやつは、あげるタイミングによってはとても有効的に使えます。

犬にとっておやつはとても嬉しいものなので、しつけの際のご褒美や、飼い主とのコミュニケーションのツールとしてあげるのが良いでしょう。犬が何かに頑張ったご褒美にあげたりすることで、飼い主との信頼関係の構築にも役立ちます。

逆に犬がおやつを欲しがるときに、欲しがる分だけ与えるのはやめましょう。犬は与えられた分食べるので、カロリーのとり過ぎで肥満などの原因になります。また、何もしないでも吠えたり要求すればもらえるなどと学習するので、飼い主との主従関係が逆転してしまう可能性もあります。

正しいタイミングでおやつを与えることは、犬にとっても飼い主にとっても大切なことなのです。

ちなみに1回の与える量については、ごく少量で大丈夫です。犬はおやつをもらえる量よりも、もらえる回数が多いほど喜びます。一気に与えて一気に食べてしまうよりは、毎回のしつけのたびにおやつがもらえるという方が嬉しいでしょう。ご褒美の際の与える目安としては、飼い主の小指の爪の半分程で良いでしょう。

おやつタイムを有効的なものにしよう

出典元:https://www.photo-ac.com

犬のおやつの必要性と、正しい量やタイミングについてご紹介してきました。

おやつは与え方次第で、良いものにも悪いものにもなるということが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

栄養バランスのことを考えると与えないに越したことはないですが、犬にとっておやつをもらえることは1日の中の楽しみの1つです。健康のためにとおやつを与えなくなるのは、犬の楽しみが減ってしまいます。

無理にやめたりするのではなく、まずは与えている量や与え方を見直しましょう。そして正しい量と正しいタイミングを理解したうえで与えることが大切です。

そのようにして犬のおやつタイムを、飼い主にとっても有効的なものにしましょう。

オススメ

新着記事