愛犬に合う犬用ベッドを見つけよう。DIYも出来るの?

犬用のベッドは数多くあり、デザインや形も様々です。
せかくベッドを購入したのに愛犬が中に入ってくれない。とう経験はありますか?
犬種による特徴や愛犬の個性を考慮して、お気に入りのベッドを探しましょう。
2018年04月23日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬用品犬のカテゴリ - 犬用品
  • VIEW:128

犬にベッドは必要なのか?ハウスだけで十分なのではないかと感じますが、犬も人間と同じように快適に暮らせる自分の空間が必要です。
寝る時に、愛犬が床ずれや体にかかる負担を和らげ、快適に就寝する事が出来るようにする為にも、犬用のベッドは必要といえます。

犬のベッドの種類

お店でも様々なデザインのベッドが販売されていて、どれを購入したらいいのか悩んだという経験はありますか?
犬のベッドは、ボックス型・マット型・ドーム型など特徴が違うベッドが豊富にあります。
季節によって、暑い夏に使用する、ひんやり素材のクールマットや冬の寒い季節に暖まれるような、あったか素材のマットも販売されています。
特に、小型犬や老犬は自分の力で体温調節をする事が難しいと言われています。
種類が豊富にあるので、一つだけ用意するのに限らず、季節や用途に合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。

ドーナツ型

ドーナツのように丸い形をしたベッドです。
丸まって寝る犬にとっては安心出来る形になっています。
サイズが合わないと窮屈に感じてしまう為、適したサイズを見分ける必要があります。

ボックス型

ボックス型とは、名前の通り四角い形をしていて、フチの部分が盛りあがっていて、囲まれているタイプのベッドです。
犬が、フセをした際に、ベッドのフチに顎を乗せて眠る事も出来るので、ゲージの中に入れて使用するのにも最適です。
ゲージの中とは別に部屋のくつろげる場所に設置してあげると、犬は喜びます。

マット型

ボックス型と違いフチがない為、安定感には欠けますが、お留守番でゲージにマットを敷く際に、ボックス型だとフチがあるので身動きが取りにくいが、マットタイプだとゲージで囲む事ができる為、安心して移動することも可能となります。
暑がりでロングコートの被毛の犬種やポメラニアンやシーズーといった犬には最適です。

筒形

冬に人気の筒タイプのベッドですが、犬が中に入ってくれない場合もあります。お店によっては、筒タイプのベッドに犬を入れて、飼い主の膝でくつろげる寝袋のような商品も販売されています。

ドーム型

Puchiko マロンドーム 3色から選べる

ドーム型は屋根で囲まれているタイプのベッドです。冷房が当たる面積が少なく通気性に欠ける為、夏場は好まれません。
また、性格が臆病の犬にとっては、中に入ってくれなかったり、活発な犬は上に乗って潰してしまう可能性があるので、性格によっては適さない形のベッドといえるでしょう。
その変わり、寒さに弱い犬種であるスムースコートの被毛の犬種や、チワワ、ヨークシャテリアなど、小さい小型犬で性格が適せば、快適に過ごせます。

ボルスター型

犬用のベッドは小型犬用が多く販売されている印象がありますが、この形は大型犬に適している形です。
大きくゆったりとくつろげるので、小型犬より大型犬に適しています。

介護用ベッド

素材は、コットン100%で肌触りがよく、体が痛くならないような構造がベストです。
衛生的にも手洗いが可能なのか、ベッドがずれないような構造になっているのかも重要になってきます。

簡単リメイク。犬用ベッドDIY

完全著作権フリー(パブリックドメイン)

出典元:ttp://earth.publicdomainq.net/

なかなか愛犬に合うベッドが見つからないという方や、高価なハウスを買って入らなかったら困ると思った際に必見です。
犬用のベッドは簡単に作れる事をご存知でしょうか?数多く紹介されている、アイディアベッドがインターネット上に多数掲載されています。

100均の商品でリメイク出来るものや、着なくなった洋服を活用してリメイクしたりと、犬用のベッドは自分で作る事も可能です。
世界に一つだけの愛犬ベッドを作ってみてはいかがでしょうか。

オススメ

新着記事