ハンカチ無しでは見られない犬の映画3選

「犬」をテーマにした映画は数多くありますが、特におすすめの感動作を選んでみました。ハンカチ無しでは見られない作品ばかりです。今一度DVDで見てみませんか?ハンカチがもう一枚、必要になりますよ。 2018年04月17日作成

  • 犬と猫のエンタメ - 犬と猫とふれあう犬と猫のエンタメ - 犬と猫とふれあう
  • VIEW:474

犬の映画はそれだけで泣ける

出典元:https://www.shutterstock.com/

犬を題材にした映画は洋画・邦画問わず、犬の映画というのは何故か泣けるものです。映画館にうっかと行ってしまって、映画館の座席から立てなくなるくらいに泣いてしまうのです。その理由は何でしょうか??

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

とある新婚新婚カップルが子供が生まれたときの予行演習として子犬を育てる決心をします。実のところ、この時点で人間の赤ちゃんと犬とはまったく違うものです。何をやっても実はマリーはおバカな犬でした。
 

マリーが教えてくれたことは?

この映画の中に流れるのはマリーがおバカなことを繰り返しながら成長をしていくのですが犬の一生はそれほど家屋として長くないことを示唆しています。結婚、出産、そして子育てという人間にとっての生涯のうち、犬が寄り添えるのはほんの一部分なのです。そして、本当に寄り添える瞬間には、既に老犬になっていてその上、病気にもなっていてという哀しい結末です。

マリーが出した答えは犬らしい答えだった

マリーはおバカな犬ではなかったということです。ただ、元気いっぱいでそして愛嬌たっぷりな犬だったということです。そして家族に邪見にされても、捨てられかけても恨みすら持たない純朴な犬だったということ。そして、いつしかマリーには時間がなくなってきたという哀しいクライマックスでした。犬は「どんな場合でも家族を見つめている」ということです。

僕のワンダフル・ライフ

この映画のCMを見ながら、愛犬に何度生まれ変わっても飼い主さんに会いたいと強く願ってもらえるかどうか?ということでした。実際に50年もの間、姿を変えて飼い主さんを探す旅に出るという涙ぐましい話には感動が浮き上がりました。

この映画に流れるのは忠誠心

夢物語のようなそして切ない話は、結局犬が愛する家族と過ごせる日一日は、かけがいのない時間であることです。犬って素晴らしい!おして愛しい存在という事に尽きました。

ハチ公物語

出典元:https://www.shutterstock.com/

物語はあまりにも有名です。数奇な運命に翻弄さえた「ハチ」という犬はある日、教授と出会い面倒を見るようになるのでした。教授と心を通わせたハチは渋谷の駅まで教授を送り迎えをする毎日の中、突然の哀しいお別れが。それでも、ご主人に対して忠誠心を尽くすのです。そこが犬らしさであり、犬だからこそ愛するということを身をもって教えてくれたのが、ハチ公でした。

ハチ公が見せた忠誠心

会いたい、会いたいという気持ちだけで待ち続けることができたという、犬の純朴な精神がなせる業に映画の題材になった実話に対しても、いまだに、感動を巻き起こすわけです。犬の持つ本質を一番きちんと描けている映画であると、誰もが思う名作なのです。

オススメ

新着記事