犬が嬉しい時に見える行動これ!

犬が嬉しいという感情を表すときには人間と同じように口元が緩み、目が輝くのです。そんな犬が嬉しい時に見える行動についてまとめてみました。 2019年04月08日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:22,049

心から嬉しいと純粋に思う

出典元:https://www.shutterstock.com/

犬は嬉しいときには、駆け引き無しで心から「嬉しい」という、仕草を見せます。必ずそのときの瞳は輝いているのです。いつもより目が少し大きいかも?と思えるほどに澄んだ瞳を見せてくれるのです。

思わず興奮してしまう

年齢にかかわらず、嬉しいという感情を素直に表現している犬ほど可愛いものはありません。犬は飼い主に対していつもストレートな感情を示してくれるものです。嬉しい感情というのは特にオーバーアクション気味に表現をしてくれるので、飼い主には嬉しい瞬間なのです。

一緒に暮らしているからこそわかる最高の笑顔

本当にご機嫌なときに見せる笑顔は、絵に描いたような美しい笑顔です。暑いわけでもないので、ハアハアと呼吸が早いわけではありません。ただ嬉しくて笑顔になっている犬の姿はたまらなく可愛いものです。これは満足をしたときに出る表情で気持ちが落ち着いている証拠です。満たされた幸せな環境で過ごしているというサインです。

出典元:https://www.shutterstock.com/

嬉しすぎて行動してしまう

ついつい嬉しすぎて床に体をこすりつけるなど、興奮気味の態度がしばらく続くのです。それは幸せの感触でありその犬は全身で嬉しい気持ちを表現しているわけです。この姿を見ているだけで、こちらまで幸せな気分になれます。

尻尾がちぎれそうです

毎日観察をしていると「嬉しい!」「やった~」という声が聞こえてきそうなくらいです。犬が嬉しい時に見える仕草は、すべてがアグレッシブルなのです。

嬉しいときに見せる行動パターン

出典元:https://www.shutterstock.com/

嬉しいときには、思わず声が「キュンキュン」と高い声で出します。甘えているときよりもワントーン高いような興奮気味の声です。そして尻尾をちぎれんばかりに振って目をキラキラと輝かせます。

犬の歓びの気持ちは分かりやすく示す犬

犬には駆け引きがありません。だからこそ、嬉しい気持ちはストレートに表現するのです。思わずその場で足踏みをしてしまうほど、居てもたっても居られないという心境に達するのでしょうね。本当に可愛らしいものです。

犬のしぐさから気持ちを受け止める

犬は嘘をつきませんし、人をごまかそうという気持ちはありません。だからこそ今目の前で大喜びをしている犬の気持ちを素直に受け止めて、喜びの気持ちを一緒に共有してあげましょう。そうすることでまた犬は嬉しい気持ちが倍増していくのです。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』