「ケージカバー」って何のため?機能とメリットをご紹介

ケージカバーは愛犬にとって、意外と重要なものです。ケージカバーにより、得られるメリットが多いからです。では、どんなメリットがあるのでしょう。 2018年03月18日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬と暮らす犬のカテゴリ - 犬と暮らす
  • VIEW:6,840

ケージカバーは必要性がないように思われがちです。しかし、ケージカバーをすることで得られるメリットがあります。今回はケージカバーの機能とメリットを紹介します。

 
TOPIC 01

リラックス空間

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

ケージにカバーをかけると、真っ暗になってしまうため愛犬が可哀想だと思う人もいます。しかし、犬は本来暗くて狭い場所を好むため、ケージカバーを使うと本能を満たすことができます。簡単に言えば、カバーをかけることで簡易的なリラックス空間を作りだせるのです。

また、カバーとはいってもケージすべてを隠す必要はありません。網目状のケージの一部に布を垂らすなど、軽く目隠しをしてあげるだけでも十分です。逆にすべて隠してしまうと、犬は不安になってしまう可能性があるので、天井部分に布をかけるだけに留めておくようにしましょう。

TOPIC 02

防音

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

ケージにカバーを囲うことで、防音効果にもつながります。まだ未成熟な仔犬の時期や発情期では、犬の無駄吠えに悩んでいる飼い主はいるでしょう。そういった時に、防音ケージカバーを活用しましょう。大きなケースでケージを囲うことで、鳴き声の反響を制限できます。留守中はゲージに入れている方は、防音ケージやカバーを検討してもよいでしょう。

無駄吠えが多い犬の場合、ケージカバーで囲うことで「鳴き続けることは良くない」ということを認識することもあります。しかし、ケージカバーのなかには防音効果のない製品もあるので、購入の際は防音効果があるかどうかを確かめておきましょう。また、防音ケージのサイズが小さいと犬のストレスになり、無駄吠えが増えてしまうこともあるため注意してください。

TOPIC 03

防寒・風よけ

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

ケージカバーとして、冬場は毛布をかけておいてあげると寒気を遮断して、温かい空間を作ることができます。他にも夏場はエアコンの風が直接当たらないように風よけとしての効果も期待できます。温かくしたい場合は毛布、夏場のエアコンの風よけをしたい場合はタオルケットなどの薄手のものでもいいかもしれません。

しかし、エアコンの風よけとして毛布を使うと熱がこもってしまい、愛犬が体調を崩す原因になることもあります。毛布やタオルケットをケージカバーとして使う場合は、季節感を考えて使うことが大切です。冷房の温度設定が低い場合には、毛布でも問題ないでしょう。

TOPIC 04

ケージカバー2選

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

ケージカバーはさまざまなメーカーが展開しています。
こちらでは、おすすめのケージカバーを2つ紹介しますので、ケージカバーの導入を検討している人は参考にしてみてください。こちらで紹介しているのは、防音効果のケース型ではなく、風よけなどに効果のある布タイプになっています。

リッチェル ペットサークルカバー

ポリエステルとナイロン、スチールの材質で作られたカバーです。
ファスナーを開いた状態でサークルに被せて、ファスナーを閉じてセットします。ケージはすべて囲うこともできますし、前面のみ開けた状態で使用することも可能です。汚れても水洗いができるので、清潔な状態を保ちやすいのも特徴です。
換毛期はこのカバーをかけておくことで、ケージ外に抜け毛が舞い散るのを防ぐこともできます。

ポンポリース 防蚊ゲージカバー

一般的なケージカバーと違って、可愛らしいデザインのものです。ピンクとサックスの2色展開なので、オスとメスで使い分けることもできます。
エアコンを使用している室内での保温、風よけ、カバーをすることができるため、犬も落ち着いて過ごせるようになります。
カバーをかけることでゲージ内が真っ暗になることはないため、初めてカバーを購入する人にもおすすめです。

 
TOPIC 05

目的に合ったケージカバーを選ぼう

ケージカバーは、愛犬が落ち着いて眠れるようにするためのアイテムでもあります。ケージカバーに防音効果を求める人は、布タイプ以外を選びましょう。風よけ、視界を遮るという目的の場合は、布タイプで問題はありません。防音効果があるケース型のものは、布タイプと比べて割高になっているため、失敗することがないようにサイズや効果を比較検討するようにしましょう。

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

オススメ

新着記事

楽天市場トップページへ