うちの子遅い?子犬がトイレを覚えるのにかかる期間

子犬がトイレを覚えるためには、ある程度時間が必要になります。しかし、子犬はどれくらいの期間でトイレを覚えてくれるのか知りたいという方はきっと多いはず。目安が分かれば、トレーニングを始めるタイミングも分かるはずです。ここでは、子犬がトイレを覚えるために必要になる期間について解説していきます。 2018年02月27日作成

  • 犬のカテゴリ - 犬のトイレ犬のカテゴリ - 犬のトイレ
  • VIEW:190

子犬がトイレを覚える期間は個体差がある

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

トイレを覚える期間は子犬によって大きく違います。なぜなら、トイレを覚える期間は犬種や新しい家にやってくる前の環境によって違いが出てくるためです。
トイレトレーニングの目安としては、約1ヵ月です。早ければ、1ヵ月もたたないうちに覚える子犬もいますが、3~4ヵ月かかっても失敗を繰り返し覚えられないケースもあります。しかし、人間の赤ちゃんでもすぐにおむつが取れる子もいれば、なかなか取れない子もいます。これについては、子犬も同じです。したがって、他の犬と比べて遅いのではと不安になったり、焦ったりする必要はありません。子犬のペースに合わせてじっくりとトイレトレーニングを行えば、忘れずにトイレを同じ場所でしてくれます。そのうえ、時間をかけてトレーニングを行った方が忘れにくいというメリットもあります。

教え方が悪くて覚えられない可能性も

子犬がトイレを覚える期間には、トイレの教え方が関係します。つまり、教え方が下手だとトイレトレーニングに時間がかかるということです。
絶対にやってはいけないのがトイレを失敗する度に叱るという行為です。トイレをする度に叱るということは、犬にとってトイレをしてはいけないと言われているのと同じです。これを続けてしまうと、うんちを食べたり、隠れてトイレをするようになったりします。最悪の場合、体調を崩す可能性も否定できません。

重要なのは、トイレを上手にできた時にしっかりと褒めるということです。頭をなでたり、声をかけたりすることで、子犬はトイレでしなくてはいけないと認識します。また、トイレの場所が固定されているかどうかも重要なポイントです。子犬が臭いや足の裏の感触でトイレの位置を確認できるようにしなければ、トイレの場所を覚えることはできません。したがって、同じ場所にあり、トイレに使用している素材も常に一緒でないといけないということになります。

短期間で覚えさせるために必要なこと

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

子犬にトイレを短期間で覚えさせたいと思うのであれば、家族内でしつけの方針を統一しておくことが必要不可欠です。例えば、トイレをした後すぐ褒めていたのにも関わらず、家の誰かが時間差で褒めたりすると子犬がなぜ褒められたのか分からなくなります。逆に失敗した時に叱ってしまうと、子犬は褒められたと認識するので、さらにトイレトレーニングに時間がかかることになります。特に、小さい子供のいる家庭ではそのようなことが起きやすいため、子犬のしつけについてのルールは守るように話しておきましょう。
また、ピンポイントでトイレの場所を設置してそこでするように教えるのではなく、トイレシートを広い範囲に敷き、徐々に範囲を狭くしていく形で覚えさせた方が短期間で覚えられます。

長期間かかる原因の多くは飼い主側にある

子犬がトイレを覚えるのに時間がかかる場合、飼い主に問題があることが多いです。確かに、子犬によって能力は違いますから、覚える期間の早い遅いはきっと出てくることでしょう。しかし、愛情を注いで正しいトレーニング方法を実践すれば、どんな子犬でもトイレはできるようになります。もし、トイレトレーニングに時間がかかってしまっているのであれば、今の教え方を見直してみることが必要です。
重要なのは子犬の気持ちを大切にするということ。叱るのではなく、褒めるということを意識して子犬に接するようにしましょう。

オススメ

新着記事