子猫がトイレで寝るようになってしまった!やめさせる方法・おすすめのトイレとは?

トイレで寝てしまう子猫がいますが、これは自分の臭いが落ち着く、ストレスを感じているといったことが原因で起こっていることが多いものです。 2019年08月31日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫のトイレ猫のカテゴリ - 猫のトイレ
  • VIEW:4,675

場合によっては子猫がトイレで寝るという行動をすることがあります。これは単に癖ではなく、ストレスなどが原因となっています。

TOPIC 01

子猫がトイレで寝る理由

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

人間がトイレで寝るということは一般的にはないものです。
不潔な場所ですから、そこで寝るといったことがないからです。
ただ猫も人間と同様に清潔を好む動物ですから、トイレで寝るということは一般にはないものです。
しかし子猫の中にトイレで寝てしまうケースが結構あるものです。
飼い主としては不潔ですし、習慣にしてほしくないのでやめさせたいものです。
そんな時にはまず子猫が寝てしまう理由を知っておくことが必要です。
理由が分かればトイレで寝ないように気を付けていくことができます。

まず自宅に連れてきたばかりの頃は、自分の臭いがついているアイテムや場所が少ないものです。
トイレは自分の臭いがついているため、安心してそこで寝てしまうことがあります。
また狭い場所や暗い場所が自宅にないと、トイレが落ち着くので寝てしまうこともあります。
さらに精神的な理由で寝てしまうことがあります。
例えば何らかの理由でストレスを感じた場合、また嫌いな動物病院に連れて行かれた時に、ストレスを感じてしまい、落ち着くトイレで寝てしまうことがあります。
このような様々な理由によって寝てしまうことが結構あるものです。

TOPIC 02

トイレで寝てても放置しない!

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

子猫が毎日おしっこや便をするトイレですが、常に飼い主の方で清潔を保つ必要があります。
そのため通常は綺麗なトイレですが、ただ子猫がトイレで寝てしまうことはやはりやめさせていくようにしなければなりません。
トイレは子猫のおしっこが付着しているものです。
掃除をしてもすべてのおしっこを除去することはできません。
そのため猫の毛に付着してしまいます。
それが飼い主の体について病気の原因となってしまうことがあります。

またトイレは寝る場所ではないですから、寝ないようにしていかなければなりません。
子猫の時期にトイレに寝ていても放置してしまうと、それが習慣となり、成猫になってもその習慣をやめさせることが難しくなってしまいます。
今後のことを考えると子猫の段階で習慣にさせないようにしつけをしていかなければなりません。

TOPIC 03

寝床の場所を変える

子猫がトイレで寝てしまうのは、トイレには自分の臭いが付着している、またトイレの形状によっては暗くて狭いからです。
飼っている子猫がトイレで寝てしまう場合、寝床を見直して子猫がトイレで寝ないように工夫をしていくことも大切です。
まず寝床は子猫にとってとても落ち着く場所です。
しかし場合によっては落ち着かないことがあります。
まず寝床を徹底的に掃除をすることはいい点もありますが、子猫の臭いがなくなってしまい、子猫が落ち着かなくなってしまうデメリットも生じてしまいます。
ですからある程度臭いが残る程度で掃除をする、また子猫の臭いが付いたアイテムを寝床に置くなどすると子猫も安心します。

また寝床が開放的で明るいと猫にとっては落ち着かないものです。
猫は狭くて暗い場所で寝るのを好みます。
そのためストレスを感じることなく安心して寝るために寝床をボックス上にするなど、工夫を施すのもいい方法です。
これによって子猫がトイレで寝ないようになっていくことでしょう。

TOPIC 04

猫のストレスチェック
粗相をしないか観察する

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

子猫がトイレで寝る場合、ストレスを多く感じることが良くあります。
ストレスを抱えると病気になりやすくなりますから、子猫が快適に暮らせるようにしていかなければなりません。
子猫がストレスを感じているかどうかをチェックする方法としてわかりやすいものとして、粗相をしないかという点が挙げられます。
自分にとって快適なトイレだけではなく、他所でトイレをする場合があります。
これは自分の臭いがある場所を多く作り、安心したいという気持ちが原因となっています。
そのため粗相をする場合には、子猫が多くストレスを感じていると判断してください、

また粗相をするとそれを改善し、トイレでおしっこなどをしないようにしていくのが難しくなっていきます。
ですから早めに対処もすることが大切です。

TOPIC 05

トイレトレーニングをしよう・おすすめトイレとは?

猫がトイレで寝るようになる原因のひとつとして、トイレトレーニングがしっかりとできていないことがあげられます。
しっかりとトイレを覚えさせることが必要です。
そこで、トレーニングにおすすめの子猫用トイレをご紹介します。

ユニチャーム デオトイレ子猫から5kgの成猫用

こちらは、スノコ容器、トレー、スコップ、抗菌サンド、消臭シートのセットです。
容器は高さ12cmの低い入口が特徴で、ケージ入れることができるコンパクトサイズです。猫型デザインが可愛いトイレです。


ユニチャーム デオトイレ子猫から5kgの成猫用

ポイッとふるふる猫用トイレ

洗いやすいシンプルな猫用トイレです。固まる砂用です。両側に取っ手が付いており、横に振るだけで用を足した部分を固めることができます。


ポイッとふるふる猫用トイレ

ライオン 獣医師開発 ニオイをとる 砂専用

こちらも固まる砂用のトイレになります。半透明の容器なので、猫砂の減りが分かりやすいのがポイントです。つなぎ目が少ないシンプルな作りなので簡単に水洗いができます。


ライオン 獣医師開発 ニオイをとる 砂専用

また、以下の記事では猫のトイレトレーニングについて詳しく説明しているので、参考にしてください。

TOPIC 06

猫の健康のためにもトイレでは寝させない

トイレで寝るのは子猫のうちに直してあげましょう。成猫になってからだと直すのが大変と言われています。
また老猫になってからのトイレ寝は病気や認知症の場合があります。子猫のうちに直しておけばそういったことにも気づいてあげれますよね。
また何かあった場合は獣医さんに相談するようにしましょう。

著者情報

UCHINOCO編集部

UCHINOCO編集部では、ペットに関するお役立ち情報をお届けしています。

オススメ

新着記事

楽天市場トップページへ