子猫がお皿からミルクを飲んでくれないときの解決策

「子猫がなかなかお皿からミルクを飲んでくれない」「いつまでも哺乳瓶で飲みたがる」。そんなお悩みを持つ飼い主さん必見です。 2018年01月11日作成

  • 猫のカテゴリ - 猫の豆知識猫のカテゴリ - 猫の豆知識
  • VIEW:2,034

子猫がお皿でミルクを飲めないと、なかなか離乳食に進めません。お皿からミルクが飲めるようになる方法を、よくある状況と一緒にご紹介します。

TOPIC 01

哺乳瓶でのミルクは1ヶ月程度を目安に

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

生後~1か月頃までは、哺乳瓶からミルクを飲ませてOKです。子猫用の哺乳瓶が市販されているので、人間用ではなくそちらを使うのがベスト。哺乳瓶の先をすこしだけカットし、少量のミルクがでてくるように調整してあげてください。

哺乳瓶を使わずお皿でミルクを飲ませる目安は、乳歯が生えてくるタイミングです。乳歯は生後1か月くらいで生えてきます。生えたては目視だとなかなか確認しづらいですが、子猫の歯茎を触って硬いものがあればそれが乳歯です。

なぜ乳歯が生えるタイミングかといえば、哺乳瓶の乳首を噛み切ってしまうことがあるから。大量のミルクが子猫にかかってしまう原因となるので、少しずつお皿で飲むよう促してみましょう。

TOPIC 02

飼い主の指でミルクを与えて慣れさせる

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

飼っている子猫がなかなか哺乳瓶離れしてくれない……。そんなときの子猫はまだ、哺乳瓶以外でのミルクの飲み方を怖がっているのかもしれません。その怖さを最大限おさえてあげるために、まずは飼い主さんの指にミルクをつけて舐めさせてみてください。

その次に手を使ってあげられるスプーンなどに移行し、最後にお皿へと徐々に切り替えていきましょう。段階を踏めば、哺乳瓶からお皿でミルクが飲めるようになります。

ちなみにミルクを指であげていると、子猫は人の指に親近感を持つようになるそうです。子猫のなかにはミルクだけでなく、離乳食もお皿からではなかなか食べられない子もいます。初めて見る離乳食に戸惑っているなら、指に乗せてあげると安心して食べられるかもしれませんね。

TOPIC 03

哺乳瓶は片づけておく

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

子猫がなかなかお皿からミルクを飲まないのは、哺乳瓶が見えるところに置いてあるからかもしれません。哺乳瓶があると子猫は安心してしまい、あえてお皿からは飲まなくなるという話もあります。

猫が生後3か月以上なら、哺乳瓶はどこかに隠してしまいましょう。子この時期は離乳食を始めるタイミングでもあるので、お皿の上はご飯と水のみに切り替えて、ときどきミルクを与えるようにするとスムーズな離乳になります。

ちなみにもし哺乳瓶を隠してもうまくいかなければ、とにかく哺乳瓶から離すことを優先して考えます。たとえば、市販されているスポイトでミルクをあげるのも有効なので、いろいろチャレンジしてみるとよいでしょう。

TOPIC 04

ミルクと混ぜて離乳食へ

写真素材 イラスト ベクター画像ならShutterstock・動画 音楽 背景・すべてロイヤリティフリー

出典元:https://www.shutterstock.com/

お皿でミルクが飲めるようになったら、いよいよ離乳食です。初めての離乳食は、ミルクを混ぜたペースト状の離乳食をおすすめします。

ここでポイントがひとつ。混ぜるミルクはできるだけ温かいものを使ってください。子猫は食べ物が冷たいとびっくりして避けてしまうことがあります。一方で熱すぎるとやけどにつながるので、人肌くらいを目安にするとよいでしょう。

もうひとつ、離乳食を食べさせるときのポイントがあります。それは山をつくるように離乳食を盛ってあげること。もともと猫は平らなお皿からご飯を食べるのが少し苦手です。子猫になると身体も小さくなおさら苦手。口を運びやすくしてあげると、離乳食も進みがよくなります。

なお、離乳食を始めた頃はまだ慣れていないので、ずっと飲んでいたミルクを欲しがるかもしれません。その場合はミルクだけあげても大丈夫。少しずつでも離乳食に慣れるよう取り組んでいきましょう。

お皿からミルクを飲めるようにするのは、離乳食に移行する上でとても大切なことです。子猫によってはなかなか哺乳瓶から離れられない場合もあるので、苦労する飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。でも焦る必要は全くありません。子猫に寄り添いながら、お互いとってもよい方法を試してみてください。

楽天『ペット割』

オススメ

新着記事

楽天『ペットランキング』